讃岐お泊りツーの時だったかの謎マン&ケンズミの猪対談
ケ 「謎さん謎さん、今度幹事しまーす。」
謎 「あいあ〜い、よろしくちゃん」
ケ 「北方面に行きます。」
謎 「東方面にしてちょ」
ケ 「じゃ、北か東の方向で」
謎 「東で」
ケ 「北か東で・・・」
謎 「ヒ・ガ・シ」
ケ 「・・・・はい」

ちゅうわけで7月の定例は東へ行くぞい。
集合は"道の駅かなん" ゴールは"洞川温泉"
ルートはツーリングマップルで適当に決めて後は定例当日を迎えるのみ。うぅ〜ん、カンペキ?

そして定例当日
幹事らしく誰よりも早く集合場所に行って参加者を出迎えるべく多目の余裕をもって家を出る。
途中、尼Pに寄るとガラの悪い連中がうじゃうじゃといました。


目を合わせると絡まれそうなので、存在感を殺したまま尼Pをそっと出て道の駅かなんへと向かう。
そして、思惑とおりの道の駅かなん1番乗り
しばらく待っていると続々と集まってきてあっという間にご覧のとおり


道の駅でやってる朝市目当のハイカーも多いのでさっさと点呼を採っていざしゅっぱ〜つ!
と思ったら謎マンと綾の二人がいない。まさか逢引?不倫?ちりーん
なんて勘ぐっていたらケータイに謎マンから着信きました。

謎 「もちもち、キリンさんが好きです。でも、ぞうさんの方がもーっと好きです♪」


ケ 「もちもち、キリンさんが好きです。でも、ぞうさんの方がもーっと好きです♪」



謎&ケ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
謎 「・・・あ、綾に紐が絡まって身動きとられへんねん。次の休憩場所で合流する。」
ケ 「・・・わ、判りました。次の休憩場所で待ってます。」

なんか凄いことになってるみたいやけど、ひとまずこの話は置いておきましょう。



気を取り直して今回のお見送り隊の皆様の紹介


左から アニゴン、ザネ、ヨーコの3人(ザネ&ヨーコはアニゴンの同僚デス)
次回はフル参加で。そして、今回お見送りだった貴方達は大正解。



では、しゅっぱ〜つ。
R309で大阪-奈良の県境を越えてぴゃーっと走ったら第一休憩ポイント"サンクス"到着
この日の気温推定35℃(ケンズミ体内温度計調べ)。サンクスに着くやいなや冷房の効く店内へ逃げ込んでしばしの間涼む。
駐車場でえへらえへらとバカ話をしていたら謎マンと綾の二人が到着


で、綾の身に何が起こったのか聞いてみると、

綾:尼Pの集合時間に遅れる

綾:謎マンに電話する

謎:美原北ICまで自力でくるように指示

綾:「はい」と返事をしたものの美原北ICがどこかわからず悩む

綾:とりあえず走り出す

綾:無線の電源コードがバイクのリアアクスルシャフトに絡む

綾:どうしていいか判らず半泣き

綾:謎マンに電話

謎:そのまま走ってくるように指示

綾:再び「はい」と返事をするが、やっぱり美原北ICがどこかわからない

綾:でも走り出す

綾:近畿道の路肩にバイクを止めて地図で美原北ICの確認する

まっちゃん&みぃこ:地図を見る綾を目撃

まっちゃん&みぃこ:そのまま素通り

綾:美原北ICを確認できたんで走り出す

まっちゃん&みぃこ:美原北ICで謎マン目撃

まっちゃん&みぃこ:そのまま素通り

綾:美原北IC降りる

謎&綾:涙の再会

謎:バンテッド(綾のバイク)に絡む電源コードを見て絶句

謎:幹事(ケンズミ)にTEL。キリンよりゾウが好きと言う事とR370のサンクスで合流する事を伝える

謎:ファイト一発、絡まった電源コードを外す

綾:嬉しくて小躍りを踊る

謎:突然のよろこび組の出現にやんや喝采

謎&綾:周りの冷たい視線で冷静さを取り戻し、サンクス目指して走り出す

謎&綾:サンクス着。本隊に合流

ちゅうことでした(一部脚色有/でもほとんど実話)

謎マン&綾も合流したんで大雨体験をすべく"大滝ダム学べるステーション"へ向けて走り出す。
ダム手前でピーポー君主催のサイン会をよくしているという情報をかんさんから得たのでゆっくりと流して学べるステーション着



大雨体験するところまで写真の階段を上っていかないとダメみたいという事が発覚すると、このくそ暑いのにと全員ブーイング
いくらブーイングしても泣いても怒っても登っていかないと大雨体験は出来ないんで

登る。


登る。


渡る。


渡る。


また登る。


汗だくになってたどり着いたステーション本館前ではお姉さんが待っててくれました。




はいそこっ!いきなりナンパしない!





受付を済ますと次は渡辺さんによるダム概要の説明
渡辺さんのちょっと長い話が終わるとやっと大雨体験
大雨体験すにゃブーツカバーとポンチョを装着しないとダメなのねん。


しかし謎マン、なかなかブーツカバーが着けれない。あーあ、ついに座り込んじまったよ。


ここで一言「ホンマもんの熊みたいやなぁ」
これに反応したミルクが大笑い
「ククックマー。クマクマクマーっ。お腹痛い。死ぬー。クマー。お腹痛い。死ぬー。クマー。ひーっ」
アンタ笑いすぎだよ・・・・。

笑いすぎで瀕死の状態のミルクの横では、かめにぃがステーションのお姉さんにブーツカバーの装着を手伝ってもらっていた。
そうやって女の子とお友達になるんやね。ナイス!


そうこうしているうちに赤い集団、別名:紅クラゲ団が出来上がった。もうこうなりゃ誰が誰だかわかんない。


紅クラゲ団はぞろぞろと大雨ゾーンへ入って行き大雨体験のスタート!
チョロチョロチョロ〜 水滴が落ちてくる。
あれ?ナニこれ?まさかこんなんで終わりやないやんな?
なんて不安を感じていたら、もうちょっと強く水滴がシトシトと落ちて来た。
アレレアレ?ヤバイんちゃうん。しょぼすぎるんちゃうん。なんて不安に思っていたら、ようやく時間600mmの体験が出来るみたい。
これを待っていたんやよ。出し惜しみするなよな〜なんてワクワクして待ってたらシズシズと水滴が・・・
アララララ〜?ナニこれ?これで600mm?
おいおい、こちとら

「こちら南大東島でっ・・・です。横殴りの雨がぁ〜ぁ〜」
こんなのを期待してんだよ!ぷんすかぷん
しょぼすぎるんでおでんも怒ってるですよ



それでも、しげる(左)&けんぼう(右)の二人はそれなりのダメージを受けた模様
よだれでシャツの色が変わってる。




大雨(?)体験をしていよいよ今回の最大の不安ポイント洞川高原林道→大峯林道へ侵入していく。
最初のうちは路面の荒れもなくスイスイ走る。



しばらくして路上に障害物がちらほら出てくるも結構走りやすい。眺めも最高!
そして怒涛の大峯林道へ・・・



標高も大分低いところまで下りてきて、いよいよ林道も終わりかねえと思ったその瞬間
いきなり道の舗装が途切れて砂利道になってるぅ〜
しかも水が流れた跡が谷になってるぅ〜
ヘルメットん中で「ぎょへーぇ」て叫んだけど、もう行くしかないんで砂利道に突っ込む。
後ろが気になってチラチラとバックミラーで確認すると、まっちゃん&みぃこのタンデムBMWが付いて来るのが見えた。
タンデムで付いて来てるんだから大丈夫やねと舗装されているところまで走り後続を待つが来ない・・・
ケンズミ、まっちゃん、みぃこ、えむ、てらっちしか居ない・・・
しかし、新人さんのてらっちはホントにどこでも付いて来るね。これからの期待大デス。

結構焦って砂利道まで戻ると綾と謎マンが降りてきた。ちょっと顔が怒ってるような気がする。(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
更に戻ると、たきやんのニンジャを囲んであーだこーだと話をしている。
そしてニンジャのミラーとウィンカーとクランクケースカバーに傷がぁ〜。
ごめんマジごめん_(__)_

(コケ記念にポーズをとるたきやん)

更に更に上からはZZR1200が数人の男どもに支えられて降りてきた。こちらは無傷の模様。ほっ


そのちょっと上ではZZR250とCBR400RRが止まっている。
つーか、CBRはダートに突っ込もうとしてるし。あわてて青汁を止めて替わりにCBRを通過させた。
ミルクZZRは横にいたおでんに「降ろしといて〜」ってお願いしたものの讃岐の悪夢が頭をよぎり「やっぱり止めといたほうがいいかも〜」と、おでんを止める。(結局まっちゃんが通過させてくれたみたい)
更に更に更にその上には重量級のバイクがまだズラズラと・・・
内訳はZZR1200x2・GSX1300Rx1・GPZ900Rx1・VFR800x1・MAXAMx1 の計6台
5台押して砂利道通過はあまりにも苦しいんでどうしたもんかねぇ。


突然現れた砂利道にてんやわんやの大騒動に幹事大焦り。そして土下座して平謝り(TOP画像参照)
焦りでひきつった笑顔の幹事の横を某Uが満面の笑顔で走っていく。てかアナタ、一応公道ですよ。ここ


結局、重量級のバイクはUターンして吉野経由で道の駅吉野路黒滝を目指してもらうことにした。
行ってらっしゃいませ〜。黒滝で逢いましょう〜


ダートを通過した(出来た)人で黒滝に向かって進む。
しかし、またダートがあるかもという不安がみんなの頭の中によぎっていた。そして・・・・

ピンポーン 不安的中!

再びダート出現。
しかし、今度のは路面がフラットかつ硬く締まっていて難なく通過できそう。
と思ったら、またまた苦戦。
アイヤー、2回もダートを走らせちまったよ。
みんなブチ切れてないかねえ(´・ω・`)ショボーン




上からダートを走るタカオン・おっくん・いちゃもん

2ケ所のダート走行でロスした時間は約1時間。すでに14時をまわっている。
もちろん昼飯も食っていなくて腹がペコペコになっていたので先を急ぐ。
15分程走って道の駅黒滝に到着
吉野迂回組はまだ到着していないが先にメシを食う。芝生の上で食べるとピクニック気分でいい気分♪
なんて思ってたら空からポツリポツリと落ちてくるものが・・・



大慌てで弁当を口の中に放り込んであっけなく弁当タイム終了。


弁当タイムの終焉と同時に吉野迂回組が到着。
そして雨脚が更に強くなってきた。

大雨の様子を撮影した写真に偶然こんなのが写ってました。
お弁当、アイスクリームを食べた上に黒滝名物こんにゃくを手に持って嬉しそうに歩く食いしん坊
(プライバシー保護のため目線を入れています)




そして誰かがポツリ
「さっきの大雨体験よりもきつい雨やん」

  〜 あの大雨体験はいったいなんだったんだろう 〜

なんて疑問を胸に抱きながら集合写真をパチリと撮って解散





洞川温泉大雨体験ツーリング参加者
青汁CBR400RR
かめにぃMAXAM
雲水セロー225
toshiVFR800
InoueGPZ900R
謎マンFJR1300
てらっちボルティ
しげるXR250
ミルクZZR250
おっくんXJR1300
だいすけFTR250
えむZRX400
おでんGSX-R750
越後屋ゼファー750
越後屋Jrゼファー750タンデムシート
たでぃZZR1200
新田ホーネット250
けんぼうデスペラード
やまコナZZR1200
たかちんCB750
バンテッド250
カータンSL230
KBVTR1000F
タカオンNSR250R
たきやんGPZ900R
かんトライアンフ ボンネビルt100
鈴猫ZZR1200
いちゃもんSR500
まったり屋BMW R1150
みぃこBMW R1150タンデムシート
カホリーナハヤブサ
もみ送り隊
アニゴンZX-12R
ザネファルファルコ
ヨーコNR750
謝り幹事
ケンズミFZ6-S





えっ洞川温泉?そんなとこ行くって言ったっけ?(汗)



おしまい